準確定申告って、どんなことなのか?

きちんと理解したうえで、相続の手続きを行うと良いでしょう。特に税金関係は、よく確認して進めましょう。

通常、所得税の申告は、1月1日から12月31日までに発生した
収入に対して計算され、翌年の2月16日から3月15日の間に、確定申告と納税をします。


“準確定申告って、どんなことなのか?”の詳細は »

未成年者がいる場合の遺産分割協議

遺産分割協議をする際に、母親は未成年の子どもの代理人になれるのか?

寒さが身に堪える今日この頃・・・・
先日、各地では成人式が行われ、晴れて成人となった方々を、テレビで拝見しました。


“未成年者がいる場合の遺産分割協議”の詳細は »

贈与税の納税猶予額について

税金を払うことを少なくするために、プロに頼むという選択肢も考えて見ましょう

贈与税の納税猶予額は、納税猶予の特例を受ける非上場株式等の数に対応する価額から
基礎控除額(110万円)を控除した残額に贈与税の税率を適用して計算した額となります。


“贈与税の納税猶予額について”の詳細は »

種類が複数あるのが遺言で相続に影響する

遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない(1004条1項)とされています。

遺言は大きく分けて3つにわけることができます。定められた方式に反すると無効となります。
●自筆証言遺言●更生証書遺言●秘密証書遺言自筆証言遺言について・・・・・・・
“種類が複数あるのが遺言で相続に影響する”の詳細は »

分っているようで曖昧な相続における遺贈という言葉

遺言がない場合、通常、相続手続には相続人全員で共同して遺産分割協議書を作成し、登記所、金融機関などに提出しなければならないのです。

●婚姻のための贈与
●養子縁組のための贈与
●生計の資本として贈与
“分っているようで曖昧な相続における遺贈という言葉”の詳細は »

相続における公正証書遺言作成の手数料

相続権を失った場合、孫が代わって相続するものです。これを再代襲相続といい、代襲者は直系卑属では延々と続くことになります。

目的の価額(遺言書の)によって設定されています。
100万円まで   5000円
200万円まで   7000円
500万円まで   11000円
“相続における公正証書遺言作成の手数料”の詳細は »